06 日本のハリウッド、映画の地巡り

日本初の映画は京都で制作され、映画の歴史は太秦から始まった。風光明媚な嵯峨野・大覚寺、大沢の池、広沢の池、仁和寺など、時代劇などの撮影が頻繁に行われ、最盛期には八つの撮影所が集まっていた日本のハリウッド。映画の総合テーマパーク東映太秦映画村を中心に、映画ゆかりの地を巡り、往年の作品やスターに思いを馳せる。

東映太秦映画村

大映通り

車折神社

大河内山荘

大覚寺

大沢の池

広沢の池

等持院